鹿児島県農政連トップページへ 農政連ってなぁに?活動のあしあと農政情報農政情報WTO情報食料自給率バケツ稲運動サイトマップ

 
コンテンツメニュー

 

icon 組織概要

icon 平成29年度方針
icon 平成28年度内容
icon 平成28年度方針
平成27年度方針
icon 平成26年度内容
平成26年度方針
過去の方針・内容

 
関連リンク

 
JA鹿児島県中央会
 
JA鹿児島県信連
 
JA鹿児島県経済連
 
JA鹿児島県厚生連
 
たわわタウン
 
ちゃぴおんドットネット
おいどんくんドットコム
 
JA鹿児島県青年部
只今準備中!
 
鹿児島県
 

 
 

平成27年度内容


  平成27年度活動内容

   平成27年度は、TPP(環太平洋連携協定)に関し、全国段階と連携しながら国会決議の遵守を求める運動を展開したが、平成27年10月5日に大筋合意に至った。このことから、国会決議との整合性の検証や若い担い手が将来に夢の持てる農業の実現、さらには消費者の食に対する安心・安全の確保を求め要請活動を行った。
 また、品目別の経営安定対策等について、政府・与党・県選出国会議員等への要請活動を行うとともに、県議会議員選挙においては、推薦候補者の支援活動を展開し33名の推薦候補者を県政に送り出すことができた。

Ⅰ.TPP対策
 1.取り組みの内容
  TPPについては、全国段階が主催する代表者集会へ参加すると
 ともに、本県要請集会や三道県(北海道・鹿児島・沖縄)で連携した
 緊急要請集会を実施し、政府や県選出国会議員、自民党農林幹部議
 員等に対し要請活動等を行った。

  しかし、10月5日に米国・アトランタの閣僚会合で大筋合意が
 なされたことから、大筋合意後は、国会決議との整合性の検証を求
 めるとともに、「総合的なTPP関連政策大綱」が決定されるに当
 たり、生産者が、将来を展望でき再生産可能となる農業関連対策確
 立に向けた政策実現のため要請活動を実施した。


Ⅱ.品目別対策

 1.水田農業対策
 (1) 取り組みの内容
  26年産米の価格は、米消費量の減少や民間在庫の増加等を受け
 過去最低水準となるなかで、需給バランスや価格の安定をはかるた
 め、水田フル活用に向けて加工用米や飼料用米等の生産拡大対策を
 求めるなど、生産者が再生産可能な所得を確保し将来にわたり安心
 して経営を継続できるよう要請活動を実施した。


 2.甘味資源作物対策
 (1) 取り組みの内容
  甘味資源作物対策について、さとうきびは、平成23年産以降4期連
 続の不作であることや、甘しょでん粉においては、単収向上や省力
 化・低コスト化が急務であること等の実態を踏まえ、甘味資源作物
 の再生産可能な生産者交付金単価の確保、生産振興対策の実現等に
 ついて、主産道県と連携し要請活動を展開した。


 3.畜産対策
 (1) 取り組みの内容
  畜産を取り巻く情勢は、高齢化・後継者不足等による生産基盤の
 縮小や、素牛価格の高騰・配合飼料価格の高止まり等から生産コス
 トが増加し、畜産経営は厳しい状況となっている。加えてTPPの
 大筋合意により今後、外国との厳しい競争が想定されるなかで、生
 産者の「再生産」が可能となるよう、将来を見通せる万全な息の長
 い生産基盤対策、経営安定対策の確立に向けて、県選出国会議員や
 農水大臣等への要請活動を実施した。


 4.茶業振興対策

 (1) 取り組みの内容
  近年の荒茶価格の低迷や原油等の高騰などにより、農家経営は極
 めて厳しい状況にあることから、燃油価格高騰緊急対策や資金対策
 の充実、
生産条件の不利な茶園(不適地園)の他品目への転換、放
 棄地園の解消をすすめる事業の創設等
について要請した。

 5.野菜・果樹対策
 (1) 取り組みの内容
  高齢化の進展、担い手・労働力不足などによる生産基盤の脆弱化
 や円安・燃油価格の高止まりによる生産コスト増大等から、野菜・
 果樹経営は厳しい状況となっている。このようななかで、生産者の
 経営安定をはかるため、
燃油価格高騰緊急対策の継続、果樹経営支
 援対策事業および果樹未収益期間支援事業の継続・拡充等の要請を
 行った。


Ⅲ.予算・税制対策
 1.取り組みの内容
  平成28年度予算については、農業関係予算総額や各種品目別対策
 の財源確保等を求めるとともに、税制改正対策としてJA全中と連
 携し消費税関連対策等について国への要請活動を実施した。また、
 自民党県議団に対して、県の農業関連予算の継続・拡充を求め要請
 を行った。


Ⅳ.推薦候補者の支援
  1.取り組みの内容
  鹿児島県議会議員選挙において推薦候補者に対する後援会活動を
 展開し、農政連推薦の候補者33名が当選を果たした。

  また、平成28年夏に執り行われる参議院議員選挙について、支部
 での組織討議結果を踏まえ、鹿児島選挙区は現職の野村哲郎氏、全
 国比例区は藤木眞也氏の推薦を決定した。


Ⅴ.組織活性化対策
 1.取り組みの内容
  農政連組織の活性化を図るため、執行委員会や農政セミナ-を適
 宜開催し、組織としての意思統一や取り組み事項の確認、情報交換
 に努めた。

  また、農政連のあり方検討会(専門委員会)を開催し、支部活動の
 活性化に向けて協議・検討を行った。


Ⅵ.広報・情報提供活動
 1.取り組みの内容
  政府や農業政策関連のタイムリーな情報を迅速に盟友に伝えるた
 めに、農政連支部長・JA等へ「農政情報」や「農政報告」等を発
 行するとともに農政連ホームページを更新するなど情報提供活動に
 努めた。






 
鹿児島県農政連
牛
〒890-8515 鹿児島市鴨池新町15番地 TEL:099-258-5113 / FAX:099-284-1090

(c) Kagoshimaken Nouseiren All Right Reserved.

ホームに戻る